スポンサーサイト

  • 2012.12.08 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    気楽に・・・!

    • 2012.10.01 Monday
    • 20:59
    JUGEMテーマ:外国語学習
     







    6年前まで、英語を使う仕事が多かった。

    この数年、全く英語に興味がなくなり、イベント企画等の方に興味が
    向いて、というか、就いた仕事が市民向けイベントの仕事だった。

    仕事の内容がよくわからず、面白そうだったので受けたところ、入って
    みてわかった、というのが本当のところ。

    この3年間楽しかった。

    その間に、英語のことは全く忘れてしまっていた。

    ふと本屋さんで上の本を見つけた。

    面白そうだったから買ってみた。

    次の仕事はまた英語を使うかも?!

    なんて、わからないけど。

    縛りのない勉強は楽しい!

    英語の世界から何年か離れていた間に、それは様々な上達方法の
    本が出ていてびっくりした。

    写真の「超音読レッスン」、面白い。

    できるだけ早読みの音読をするのだ。

    CDが付いていて、聞いては読む練習をする。

    ストップウォッチで上達のタイムを計って、グラフにすると自分のレベル
    がわかる仕組みになっている。

    これがやる気になっていいのだ。

    またこれは感動編なので、内容が良い話ばかりが入っている。

    同じ方法で勉強されていて、飽きてしまって、という方にお勧めの一冊
    です。







    愛ある新しい時代へ

    • 2012.07.20 Friday
    • 22:07
    JUGEMテーマ:生きる







    活断層の真上の原発を作った調査のごまかし。

    そんな危険の中で大飯原発を動かす政府のごまかし。

    官邸前のデモの人数のごまかし。

    東電電気代値上げの詳細のごまかし。

    教育委員会と学校のいじめや不登校の子どもの人数のごまかし。

    いじめを泣いて担任に相談しても、助けてあげることもなくごまかし。


    自分に不利なことは全てごまかし。

    自分の利益になることには、波及するいろいろなことは見て見ぬふりで簡単
    にOKする。

    今までもこういうことはたくさんあったのだろう。

    ただ私たち国民に知らされていなかったり、適当に隠されてきたり、もみ消
    されていたり・・・・。

    すべて、愛がない出来事ばかり。

    自分の利・自分の得・自分の名誉にしがみつくことが基本の行動。


    しかし、ネットなど情報が張り巡らされて、素早く伝わる時代になり、かなり
    の人々に伝わり、国民もマスコミも放っておかず、怒りを情報として伝える
    ことができるようになった。

    時代の過渡期だ。

    今までのやり方はもう古くて、今の時代には合わなくなってきたのだ。

    これから膿がまだまだ出る時代が続くのだろうが、やがて、新しい時代が
    やってくるだろう。

    しかしすぐにぱっと変わることはできない。

    従来のやり方にしがみつく力は強大だ。

    変えようとする力を抑えつけようとし続けるだろう。


    これからの人々は、大きく2つの思考に分かれるという説がある。

    ―祥萃未蠅龍眩・物質至上主義で生きて行く人たち
    ⊃靴靴げ礎祐僉歐燭諒刃臓⊆然や環境を大切にする、心の豊かさを
    大切にする人たち

    私もこの説には、かなり近い世の中になるのではないかと予測する。

    2つの価値観を持った人たちが、同じ時を生きることになると思う。

    世界各地でこの現象は起き、過渡期はかなりの間、続いて行く。

    厳しい時代かもしれないが、新しいより進化した時代の幕開けの前の時
    を生きるのだという覚悟が必要だろう。

    しかし悪い方へ向っているのではない、と確信する。

    これだけの各分野の膿が明るみに出て来ている時代だ。

    今まで、おかしいなと思っていることでも、マスコミは途中で黙り、下々の
    国民は黙して語らずだったことも、現在はそうはいかない。

    人間として怒れることを怒り、間違ったことを間違っていると言える時代に
    なってきているのだ。

    つい正直に言ってしまって、周りから引かれたり、マイノリティーで肩身の
    狭い思いをすることが多かった私だが、これからは少しは同意見の人も
    出て来てくれるのかもしれない。

    新しい時代は「愛ある時代」であることを祈って



    被害者の親族に果てしなく続く苦しみについて・・・

    • 2012.07.11 Wednesday
    • 15:37



     


    大津市でのいじめが大問題になっている。

    チャイルドラインには電話の本数が急上昇しているらしい。

    尾木先生のブログは220万件のアクセスだそうだ。

    今までいじめで何十人の(何百人かもしれない)の大切な命が失われたのだろうか。

    そしてまたそのお子さんのご両親方の体験する計り知れない地獄のような苦しみ。

    想像するに余りある。




    東日本大震災の被災者の方々の苦しみを考えても同様に思うことがあるが、このような様々な事件・トラブルで「被害者の親族の方々」が生まれてしまう。

    そしてそういう方々は、“地層のように重なり続く苦しみ”を抱えることになる。

    その理不尽さに憤りを覚えるのだ。

    日本は加害者には手厚く人権を保護する国のようだ。

    しかし、被害者の、またその親族をその後続く苦しみから保護する、ということは、手薄な気がしてならない。

    山口県光市母子殺人事件の時も、たったひとりで戦う本村さんの姿を見て、国が何かケアをしているのだろうか?と思い、あまりに過酷だと思ったものだ。

    この事件をきっかけにして、確か犯罪被害者保護法が平成14年に制定されたと記憶している。




    いじめでお子さんを亡くされたご両親の苦しみを、私なりに考えてみたい。

    どこどこのケース、と断定することではなく、過去にニュースで見聞きした
    ケースや大津のケースを参考にしながら、フィクションとして書かせていただく。

    私の得た情報から想像するので、真実とは違うところはたくさんあると思う。

    また、私がわからないもっともっと辛いことがたくさんあるだろう。

    私の想像の範囲であるため、物語のように読んでいただいて構わない。

    以下のでの部分が、重ねられていく苦しみを表しており、ご想像いただき
    たい。

    1. お子さんが亡くなって最大級の苦しみ味わう。

    2. その最大級の苦しみの中、お子さんの死因の真実がわからず、学
       校側に情報の開示を依頼するという、大変苦しいエネルギーを使う
       ことを行わなくてはならない。

    3. 「いじめはなかった」「いじめと自殺の因果関係は不明」という心ない
       義務的な返答だけで帰される。温かな言葉や一緒になって原因を究
       明しよう、という態度は感じられず、打ちのめされるような気持ちにな
       る。

    4.  温かい励ましの言葉の他に、未だに勘違いの発言もあって「いじめられ
       る方にも問題が・・・。」的な、そういうことを聞いたり見たりさせられる体
       験もする。
       お子さんが亡くなったという、ストレス度最高値を体験している最中に
       なぐさめるどころか、傷に塩を塗り込むような仕打ちを平気でする人に
       更に苦しみを与えられる。

    5.  学校側が全く取り合わないので、裁判を起こすことになる。
       1〜4で、食事も喉を通らないだろう、眠れないだろう状態において、
       更に裁判などという、精神面だけでなく、今度は金銭面でも大きな困難
       を強いられることになる。

    6. 待って待ってようやく、裁判になっても、「因果関係は不明」と判決が出
       て、どこに自分の思いをぶつければいいのだろう思わされる。

    7. その間に時は経って、1-2年は過ぎていたりする。
       亡くなったお子さんの同級生は高校へ進学して、ご両親にとっては時の 
       経つことは残酷なことにもなる。

    8.  事件からずっと仕事や家事・子育て(亡くなられたお子さんのご兄弟)を
       しながら、お子さんの友人への聞き取り、マスコミ対応や裁判等を同時
       進行でこなさなければならない。
       この精神状態で、仕事や家事や子育てをすることの大変さ、過酷さは
       計り知れない。
       特に他のお子さんがいる場合、兄弟が自殺したというその事実は、今
       元気に生活しているお子さんへの影響は多大なものがあり、そのケア  
       もしなければならない。
         が、ご両親おふたりが大変なダメージを受けて入れて、ご自分が立って
       いるだけでも精いっぱいの状態である。
       そのお子さんには通常と変わらない生活を送らせてあげなければ、と
       いう気持ちと、現実にその元気が出ない。
       特にお母さんに掛かる精神的負担
    は想像を絶するものだ。

    9. 悲しみは時が経っても薄れることはない。それは、我が子の自殺の原
       因が明確になっておらず、裁判は控訴して更に続く。
       控訴しなければならない、そのエネルギー。

    10. 11. 12.・・・・・ と続いて行くと考える。



    想像力のあるほとんどの方は、こんなことを書かずとも、大体はお察しいただけることかと思うが、特に注目していただきたいのは、8.である。

    このご兄弟を亡くされたお子さんをできるだけ、今まで通りに近く、生活をさせなくてはならない特に、母親の辛苦である。

    食事もさせ、学校へ通わせ、宿題もさせ、行事も参加させ、等々を、通常の生活に近くやれなければ、このお子さんの精神が病んでしまうことを防止しようとする。

    しかし一方で、もう一人の大切な我が子は亡くなってしまった状態なのだ。

    体がバラバラになるような自分を作らなければいられない。

    当初は助けてもらう親族の方に頼れるかもしれない。

    お母さん自体が泣いて、床に伏してしまう状況は当たり前のことだ。

    しかし、ずっと援助の手があるとも限らない。

    母親がそういう状態が続くことは、子どもにも連鎖するのをわかっているので、何とか立ちあがろうとしても、力が出るには時間がかかることだろう。

    誰も責めることはできない。

    私は母の立場から、この部分の苦しみを見落とせなかった。




    いじめは、最初は自分の優越感を満たすための行動かもしれない。


    しかし、それが重なり合った時、とてつもない悲劇を生むということを忘れてはいけない。

    「自分が人より上でありたい、優越感を満たす気持ちはどんな人にもある。
    この気持ちを、心の中の檻から出ないように常に見張っておけ。」という内容の本を以前に読んだことがある。

    「強者が弱者を支配し、いためつける」ということは、どんな場においてもしてはいけないことなのだ。

    社会、職場、学校、地域、家族。

    老若男女。

    能力、役割、役職、経済状況等々。

    様々に人は同じではないが、どんな場においても、基本は「人対人」ということを忘れてはならない。

    こういうことを子どもたちに、あらゆる大人が伝えていかなくてはならないのだ。



    あらためて気がついたこと!

    • 2012.06.09 Saturday
    • 14:51
    JUGEMテーマ:うれしい☆

     




    自分のブログをざっと眺めていて、初めて気がついたこと。

    「私の日々の出来事」「私の周りにいてくれる人たち」が視覚化されて、
    いろんな面で豊かだってことをあらためて気づかされました。



    このところ、仕事の契約任期満了→退職して、淋しく感じていて欠乏感
    があったのです。

    私の良さを大いに発揮できた仕事だっただけに、去らなくてはならない
    ことが残念で、心の隅で手放せていなかったのでしょう。

    それは無理のないこと。

    「そんな私もOKだよ。」と、自分に言ってあげます。



    そして、あらためて私の周りの全てに感謝です

    私はみんなに豊かにさせてもらっていたこと。

    ありがとうございます




    さっそく!

    • 2012.05.20 Sunday
    • 10:56






    息子からもらったDMPで新しいCDを聞くために、TUTAYAに走った。 

    私はジャニーズ系好きだ。

    全てではないが、観賞用にイケメンは好き。

    アートセラピーの学校で、「夢」の学びをしている時に気づいた感じな
    のだが、夢にジャニーズ系イケメンが出演することが頻繁なのだ。

    それから、意識的にそれを受け止め確認してみたら、やはり気になる
    存在ではあった。

    特に“嵐”は好き。

    仲良さそうな様子を見ているのが気持ちいい。

    日本人らしいA型と、AB型のメリットが強く出たグループのように思う。

    歌も大好き、元気が出る。

    これを機に4枚借りた(笑)

    今日、トイレ掃除の時に聞きながらやったら、テンション上がった!!

    掃除がはかどる〜。

    ウォーキングにも最高だと思う。

    追っかけをする人の気持ちが、最近少しわかるかも。

    楽しくなることに年齢はないってこと






    メモリーリセットな2週間

    • 2012.05.15 Tuesday
    • 14:26






    腰→お腹→頭→胃と順番に不調になったこの2週間。

    途中、あまりに長い体調不良に「こんなにいろいろ不調になると、
    もしかして入院?」と頭をかすめた時もあった。

    しかし、ようやっと普通の生活に戻ることができた。

    何年分の疲れが出たんだよ、と子どもたち。

    思いやりのある言葉・・・

    後半、病人の権利の主張などして、ふたりに我がままを言ったが、
    2人はそれぞれ病院の送迎、美味しいお粥に野菜スープにやさし
    い鍋等々の看病をしてくれた。

    ありがとうね


    ところで・・・
    ただでさえ、私は人より「忘れる」という能力が少しあるような気が
    している。

    良いことも、悪いことも、自分の興味の部分のみ残して詳しいとこ
    ろを忘れてしまうのだ。

    これは素晴らしい才能と思う時と、記憶喪失?阿呆?と思う時とが
    ある。

    人に言われて、あんなに印象的だったこと、想い出のはずなのに、
    私はぼんやりと覚えているが、詳細に渡っては覚えていないことが
    結構ある。


    そしてこの静養中の2週間。


    私は自分が何者で、何をしてきた人間かとか、積み重ねてきたもの
    とか、頭が真っ白になり、リセットされて、「ただ人間である」的な感
    覚に陥った!


    岡本太郎は「人間は積み重ねるなんていうことはない。
    積み減らすべきた。」と言っているが、そういう意味では静養中に、
    虚栄心とかおごりとか諸々の鎧が少しずつ、剥がれたような気分。

    何だか自分がリセットされた気がした。



    4月は本当に大がかりな断捨離をした。

    クリーンセンターまで、息子に手伝ってもらったりしながら、10回
    以上は通った。

    最後の方は、ドライブ方々、家がまた気持ち良くなる!と行きたく
    てうずうずしてきて、結果やり過ぎたが。

    自分の心身も断捨離をして、スタート台に立った気分。

    体の奥の奥に蓄積された疲れが取れた気がする。

    こうでもしないと休まない私に、上(天)からの強行手段だったのか
    もしれないと思うと有難い。

    たくさん休んで丸丸



     

    欲しそうだったので・・・

    • 2012.05.11 Friday
    • 17:11
     




    母の日ー!

    送りました「Think Bee!」のポーチ!

    ネットショッピング。

    静養中、どこにも出かけられなくても今はいろいろ家から
    できるので、そういう意味では有難い時代です。

    静養していても、頭はぐるぐると動いています。

    あと少しで復活か・・・?!

    丸丸なプレゼント♪






    脱力〜☆

    • 2012.05.10 Thursday
    • 19:19
     




    癒し系アニメ『しろくまカフェ』最高!!

    可愛らしいし、ホントに脱力で見られます。

    娘のお薦めで一緒に見てます。

    皆さんもぜひ!









    今日じゃなくても、まだ、たぶん平気?

    • 2012.05.10 Thursday
    • 14:52




    北条マップ





    北条米スクリーム(ほうじょうまいすくりーむ)



    江戸時代に筑波参拝の門前町として栄えた「北条」。
    歴史的な店蔵や土蔵の街並みが今でも残されています。

    http://www.tsukuba-hojo.jp/index.php

    「北条マップ」(上)も作られ、見る度に今度行こう、
    機会があったら行こう、といつも思っていました。

    近い故か、なかなか足を運べないでおりました。

    『北条米』をご存知でしょうか。

    特に上質な桜川の東側(小田・北条・田井・筑波地区)
    で生産されたブランド米です。かつては皇室献上米だっ
    たこともあり、現在も食通の方に親しまれているお米
    です。

    更にその北条米で作られた『北条米スクリーム』(ほう
    じょうまいすくりーむ)があります。

    つくばの名産として紹介されてい、30分位常温に出して
    から食べるのですが、もちもちしていて他にはない食感
    です。

    こういうことでTVに取り上げられたかった北条地区。

    竜巻被害地としてではなく・・・。

    福島から被災されて住まわれていた方々もいらっしゃ
    るとニュースで知りました。

    何と言うことでしょう。

    日本にも竜巻は結構発生しているとニュースで報道し
    ているけれど、私の感覚とはずれがあります。

    竜巻予報なんて今回初めて知りました。

    たとえ竜巻予報があっても、当たるのは1%だというこ
    とですから、しかたがないとも言えます・・・。

    それにしても何事も起こってから大騒ぎになるのが常
    です。

    これだけ科学が進んでも、起きる前には何もできない
    のですね。

    そういう私も、行こう行こうと思っていた北条に結局
    遊びに行くことができないでいました。

    「明日があるから」「まだ大丈夫だろう」「たぶん起
    きないでしょう」と思うことは、のんびり楽な思考で
    はあるけれど、この頻繁な自然の脅威によって考えさ
    せられ「今日を区切りに生きよう」と思わずにはいら
    れない気持ちになりました。

    いつものように元気ならば、真っ先にボランティアへ
    行きたいところ・・・。本当に残念でなりません。

    せめて北条に祈りの気持ちを・・・。






    静養中・・・・・

    • 2012.05.08 Tuesday
    • 16:30



    光るもの、カラフルなもの、いい香、プレゼント、作ったもの・・・・


    ニトリでみつけたお気に入りの双子のうさぎ・・・



    お医者さんにまだ静養するようにと言われました

    断捨離のお陰で、自分の部屋の居心地が良いこの頃です。

    片づけ以前より部屋の空気が綺麗な気がします。

    静養するにも空間が広がり休める感じがします。

    この頃アロマを焚く習慣になり、今日のアロマは、ベルガモット
    とグレープフルーツ(ピンク)です。

    柑橘系の香を嗅ぐと、明るい気持ちになります。

    未来のブログは香も届けられるといいなー

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM